1. はじめてのED治療薬はどれ?タダシップを通販で手に入れよう!   >  
  2. タダシップ通販のデメリット

タダシップ通販のデメリット

便利なシステムには必ず欠点がないと言えばウソになります。このタダシップ通販にもデメリットがありますので、それも踏まえた上で薬剤購入の選択肢として参考にしていただければ何よりです。

薬剤にはそれぞれ副作用もあれば、自分に合った薬や合わない薬もあり、飲み合わせが出来るのか、現在患っている病への影響はないのかなど、自身の判断では購入に対して手が負えないものです。それにあたって、薬剤師という存在の大きさを感じさせられるでしょう。

医薬品通販では、購入の際薬剤師がいなければ処方箋等も必要ないので、知識もなく購入して副作用に見舞われたという事例は少なくないのです。また、一歩間違えれば生命にかかわる事態も起こりえるので、薬の選定にはやはりプロのアドバイスが必要なのです。

と言っても医薬品通販で購入できる薬剤は、薬局で購入できる一般用医薬品に限られているので、薬剤師の対面販売が必要な劇薬や、医療用医薬品から一般用医薬品へ移行されたばかりの薬等の販売は禁じられいるのです。とはいっても、その薬の作用がほかの薬の作用と合わさって強烈な副作用を引き起こしたり、持病を併発させる可能性があるので事前に薬剤師への購入を持ちかけた上で、通販を利用する事をおススメします。また、その様なケースでの責任は通販サイトも負えないのであくまでも自己責任となっていしまいます。

又、手元に届くまで時間がかかってしまう事もあります。医薬品通販は海外で製造された薬剤を輸入し消費者へ発送しているため、手元に届くまで時間がかかってしまいます。どうしてもすぐ欲しい、などといった突発的な症状に対する薬を購入する上では不向きとなってしまうのです。