1. はじめてのED治療薬はどれ?タダシップを通販で手に入れよう!   >  
  2. タダシップ通販と薬事法

タダシップ通販と薬事法

前項でも紹介した通り、通販では海外から医薬品を取りよせる為『輸入』という手続きが必要となります。またそれには、厚生労働省が定めた『薬事法』という法律に基づき決められています。安心・安全な医薬品を消費者の元へ届けるための法律とタダシップ通販の関係性をひも解いてみましょう。

本来であれば、個人が海外の製薬会社とやり取りして購入できるのが望ましいですが、それには膨大な知識と手間がかかります。また、どうしても輸入しなければならないので税関においての手続き等、個人で取り組むには難しいといえるでしょう。

そんな購入者と海外製薬会社の間を取り持つポジションが通販の運営サイトであり、法律的には個人輸入代行業者という扱いになります。すなわち、個人に変わり上記のような手続きを仲介的に行ってくれるという事です。購入者側でいえば商品注文の手続きを、製薬会社からは、商品の販売を代行しているという事になります。

実際その流れとしては、通販サイトで購入した医薬品を代行業者が海外製薬会社へ発注します。それを受け海外製薬会社は薬を製造し、その商品を購入者宅へ発送するといったものです。

ここで注意していただきたいのが代行業者による悪徳行為です。前述通り商品は海外製薬会社から購入者宅へ発送されますが、悪徳業者の場合はまとめて海外製薬会社から商品を仕入れそれを在庫として管理し、購入者宅へ発送するケースです。これは薬事法により禁じられている商法で、購入者も加担者として罰せられる可能性があります。

それを防ぐポイントは発送期間。通常では海外からの発送であるため一週間以上の時間を要するのですが、この場合は即日発送と宣伝していたり一週間以内に商品が届けられた場合です。どうしても不安な場合は問い合わせして確認しましょう。