1. はじめてのED治療薬はどれ?タダシップを通販で手に入れよう!   >  
  2. タダシップの飲み方

タダシップの飲み方

タダシップはアメリカのイーライリリー社が開発した薬で、アメリカでは2003年から販売が開始されています。バイアグラ、レビトラから改良を重ねられたタダシップは人気が高く、2013年には全世界42%のシェアを記録して世界トップシェアのED治療薬となりました。日本では2005年に承認申請され、2年後の2007年から販売が開始されています。製造元は日本イーライリリー株式会社、販売元は日本新薬株式会社です。

タダシップは、タダラフィルという成分で構成されています。このタダラフィルの含有量によって、5mg・10mg・20mgの3種類にわけられます。ED治療薬としてはタダシップ以外にも、バイアグラやレビトラといったものがあります。バイアグラの有効成分はシルデナフィル、レビトラの有効成分はバルデナフィルと、それぞれ使用されている成分が異なりますが、どれもPDE-5という酵素に作用し、男性器の正常な勃起を促します。

また、ほかのED治療薬と比べもっとも大きな違いは、その効果時間です。タダシップの有効成分であるタダラフィルは、体内に吸収されるまでに時間がかかります。これが、タダシップの長い効果時間につながっているのです。その代わり、服用から効果が現れるまでの時間もほかのふたつに比べて長くなっているので、その点には注意が必要です。その効果時間の長さからウィークエンドピルともいわれています。これは、金曜日の夜から日曜日の朝まで持続する、ということから名付けられました。

その効果効果時間に従って、早めに飲んでおいてもまったく問題はありません。24時間間隔を空けさえすれば、前に飲んだタダシップの効果時間内であっても服用することができます。服用のタイミングは性行為を行う3時間前がベストです。