1. はじめてのED治療薬はどれ?タダシップを通販で手に入れよう!   >  
  2. タダシップの注意点

タダシップの注意点

どんな優れた薬剤でも副作用が生じる場合があります。タダシップでは服用者のおよそ3割が副作用を体感したとされています。これには、それぞれの薬の作用の違いが関係しています。それは、短時間で身体に作用させるため副作用も出やすくなっています。これに比べてタダシップは、長くゆるやかに身体に作用するため、副作用も出にくいとされています。

比較的出やすい副作用には、頭痛やほてり、消化不良などがあります。臨床試験では背痛や筋肉痛も確認されていて、こういった症状もよくみられます。めまいや鼻水、鼻づまり、下痢などが起こることもあります。稀に起こる副作用としては、視覚への影響があげられます。眼痛や結膜炎など目そのものに関するもののほか、物が青く見えたり青と緑の区別がつきにくくなったりといった色覚異常を訴えるケースもあります。軽度の副作用であれば身体への影響は少なく、少し気になる程度のものであるためそのまま使い続けても問題はありません。ある程度の副作用は仕方がないといえます。しかし、その程度が大きかった場合にはすぐに病院やクリニックで診てもらうようにしましょう。

また、薬剤の作用により指定されている併用禁忌薬があります。併用禁忌薬とは、飲み合わせの相性が悪いお薬のことです。単体での服用であれば効果的な働きをしてくれますが、併用することで体に悪影響を及ぼす危険性があります。併用禁忌薬として指定されている慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬や、硝酸剤(飲み薬・舌下錠・貼り薬・吸入薬・注射・塗り薬・スプレー)の成分を含んだ薬を飲んでいる方は、処方された医師との相談を必ず受けてください。治療中のタイミングによりタダシップを服用できるか確認する必要があるからです。